FC2ブログ

【年末にむけて】肩慣らし【剪定したり】

こんばんわ、植木屋くろしま三代目です。


めっきり秋めいて参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

秋めいてますが、日中は半袖です


すっかり植木のシーズンなので、

たまには植木屋っぽい写真でも。

DSC_0299.jpg

マツ剪定したり。


年末に向けてがんばります!


いつも身近に植木屋を。

植木屋くろしま三代目の黒嶋でした。


では、また




【千葉市】三年ぶりの剪定【reicoh.jpです】

ホームページがリニューアルしたんですけど、(大分経つ)

いろいろな事情で、旧ドメインがまだ存続しており、

検索しても、ニュードメインreicoh.jpが旧ドメインの下になっております。

いかがお過ごしでしょうか。植木屋くろしま三代目です。


新しいホームページはこれです。

http://reicoh.jp/


新しいホームページはこれです!

http://reicoh.jp/


もう何度も言うけど、これです!

http://reicoh.jp/


旧ドメイン閉鎖、新規アドレスへの誘導依頼もかけてあるけど、

「googleクローラーがねー、誘導リンクを拾ってくれればいいんですけどねぇ」

なんて、悠長なことをいいおって!

fetch as google設定しろやーーーー!


と、いうのは、心の声。

なんなら自分で設定するから、ソースとかパスワード全部よこせといいたい。

けど、大人だから言わない。


先日、ご新規さんで、3年ほど剪定してないお庭をお手入れに伺いました。


<BEFORE>

DSC_0200.jpg

草も伸び放題やで。


DSC_0202.jpg

このマキなんて12尺でぎりぎり届くくらい伸びてました。


<AFTER>


DSC_0208.jpg

大分明るくなったんじゃないかなー。

透かし応えがありました。

DSC_0209.jpg

マキも、なんとか形できたよ。


いつも身近に植木屋を。

植木屋くろしま三代目の黒嶋でした。


では、また


何度も言うけど、新しいホームページはこれ

http://reicoh.jp/

(しつこい


【wordpress】独自ドメインもとってみた【外構専門サイト】

こんばんわ、植木屋くろしま三代目です。

うわーめっちゃ久々に↑セリフ使ってみました。
なんか、落ち着く

お世話になっております。
だいぶ放置しておりました、植木屋くろしま三代目ブログ。
久々に見てみたら、アドレスなんて、まだ「http://」であった・・・
急いで設定変更しましたよ。

さて、弊社きってのスーパーITエンジニアの私です(自称)が、
二代目から、『外構専門のサイトを作れ』と命ぜられました。
「wordpressっつういいもんあるから、それで作ってねー(=予算かけるな)」
ということです。

こもりました、youtubeで。(3時間くらい)

ドメイン取ったり、サーバー借りたり、プラグイン設定したり。
なんとかできた。

今って、ただでなんでもできちゃうのね。
すごい、wordpress

記事が充実してなく、仮な感じがハンパないですが、
https://千葉の外構.com
で御覧いただけます。

どっちも育てていきます。
こっちのブログは植木。
あっちのポータルサイト(?)は外構。

SEO対策大変そう

いつも身近に植木屋を。
植木屋くろしま三代目の黒嶋でした。
では、また

【リニューアル中】【メアドも変わりました】

こんにちわ、植木屋くろしま三代目です。

ここ2~3ヶ月、会社の経営の仕方を、根底から

改革しております。

強い会社、潰れない会社にするための秘策を

実行しています。これが、なかなかいいかも。

さて、それに伴って、ホームページも

リニューアル中です。

以前のホームページは、そのままサーバー維持が

できなくなるまで、掲載は続きます。

新しいホームページは、6月上旬公開予定です。

あと、メールアドレスも変更になります。

新しいアドレスは、

Info@reicoh.jp

です。

旧アドレスはそろそろ使えなくなります。

あと、最近の現場写真でも

LIXILの新商品の機能門塀を設置したり、

ガレージ組み立てたり、

土間打ち立ち会ったり。

植木より、外構が主力商品になってきたなぁ。

いつ身近に植木屋を。

植木屋くろしま三代目の黒嶋でした。

ではまた

【マツ剪定】 こういう風にやってます 【剪定の仕方】

こんばんわ、植木屋くろしま三代目です。

冬はマツの剪定にもっとも適した季節。
私たちもマツの剪定が多くなってきます。

巷では、「マツは難しい」「マツが剪定できたら、一人前」と、言われてます。
が、それは間違いです。

難しいといわれるのは、芽は小枝の先からしかでない
という木の性質からでしょう。

ですので、玉の形を維持しようとして、
枝先を全部切っちゃうとか、弱い芽しか残さないとか
やっていると、新芽がなくなってしまい、
次第に木の勢いがなくなり、2、3年後には枯れる。
そんなとこだと思います。

一つの枝に対して、一つしか芽を残さないような
植木屋(?)もいますが、ぜんぜんダメです。
(上から目線ですいません。植木屋の看板をしょってる方たちはそんなこと絶対してません)
基本は、一つの小枝に二つ芽
です。(あとで、写真で示します)

それと、枝の抜きも大事です。
むしろ、マツは先端をいじるより、
枝を抜くことで、姿勢を維持します。

こういった「芽が先端からしか吹かない」とか、
「抜いて形を整える」という肝さえ、押さえておけば、
形を維持するのも簡単です。

ですので、マツの剪定のコツは
小枝の一年前の枝を抜いて、先は二つに割る。
の一言につきます。

これさえ覚えておけば

誰でも
機械的に
考えることなく
剪定できます


では、写真付で解説してみたいとおもいます。

もと
マツの先端です。
A、B、C、D四つの芽がでています。
二つに割ります。
どの芽を摘みますか?
先端が二つになってればいいのです。

その1
正解はBとDをとります。
すると、AとCで枝先に二つ残ります。

基本の考えはこれだけです。
これの繰り返しです。

または、枝間が長くなるので、あまりよくないですが、
その2
BとCをとるのも、まぁ、ありといえばあり?
けど、こう取るのは、非常手段。
枝間(AとDの距離)が長くなり、だれてくるので、
この取り方ばかりすると、かっこ悪くなってきます。

そんな考えを元にはさみをいれていくと・・・


玉を上から撮影した剪定前
20161206_110026.jpg

剪定していくと、こんな風に小枝が見え隠れする濃さになります
20161206_111828.jpg

そして、全体に施術していくと、

20161206_111851.jpg
こんな感じ。

うまくできると、しゃきっとして、いい感じです。

いつも身近に植木屋を。
植木屋くろしま三代目の黒嶋でした。
では、また

-----------------------------------------------
【ご案内】
今年分の剪定のご依頼は、おかげさまで一杯となりました。
2月剪定分からの御見積りを受付ております。
ご容赦ください。
-----------------------------------------------

プロフィール

植木屋くろしま三代目 

Author:植木屋くろしま三代目 

1980年生まれの生粋のサル年。

二代目は父です。

9歳の娘と5歳の息子がおります。
嫁の仕事が朝早いので、
上の子を小学校に送り出し、下の子を保育園に送ってから出社する毎日。
イクメン(自称)庭師がんばります。

JAZZとマジックとコーヒーが好きな植木屋のひよこです。
あと、ハーフくらいしか出場したことがない
趣味程度の市民ランナーです。
2018年はなぜか筋トレにはまり始めました。

会社を磐石に経営したいので、毎日勉強の日々。
現場も、事務も、経営勉強もがんばりまーす。


-------------
かっこいい植木屋くろしま専門サイトできました!

植木屋専用サイト

-------------
事務員さんのブログもあります!

コチラもご覧ください!

-------------
<庭木、病虫害、お庭DIYのやり方、道具のこと>
↓☆何でもどうぞ☆↓

○TEL:043-462-8791
○FAX:043-462-8792
○メール:info@reicoh.jp
【黒嶋(三代目)が答えます】

㈲麗紘エンジニアリング
植木屋くろしま

【建設業許可(般)第47763号】
千葉県佐倉市中志津4-1-12
-------------

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード